転職って理想の求人と中々出会えませんよね?

30代の転職で大切なのは、これだと思う理想の企業との出会いです。

これが40代になれば、年齢的に多少条件が不利になりますから、可能なかぎり30代で良求人と出会っておくことをお勧めします。

転職経験がなければ、自分に合う求人とは一体どういうものなのかも分からないはずですから、そういう場合は転職エージェントに相談に行くのが吉ですね。

自分なんて相手にもしてもらえないと最初から諦めている30代の介護士は非常に多いのですが、この時代、猫も杓子も介護士って状態で、ブランクがある方はもちろんのこと、未経験者や資格のみ保持者まで無料相談の対象としている業者がほとんどです。

介護士自体が希少で取り合いですから、もっと自分に自信を持つべき。

転職エージェントは、事前に必要な人材スペックを企業から預かる形です。

該当する人物が見つかれば即企業に紹介する形なので、転職歴が多くても他に何か不利な条件を抱えていても、案外すんなりと内定をもらえてしまうのが面白いところですね。

逆に抱える案件とあなたの条件が一致しなければ何も紹介してもらえない事態に陥るので、少なくとも2,3社のエージェントに登録しておくべきですね。

姉妹サイトで介護士にピッタリな転職エージェントをランキング方式で紹介していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

同じく転職サイトに登録する際も、複数のサイトへ登録しておくことをお勧めします。

転職サイトの多くがWEB上に職務履歴を登録しておけば、時間を気にせずいつでもどこでも応募でき大変便利ですが、便利すぎる故に他の転職希望者も気軽に応募してくるので、倍率は高くなりがちです。

また、転職回数が多いとフィルター機能で最初から落選フラグを立てられている可能性もなきにしもあらずです。

ハローワークは全国にある出張所だけでなくWEB上からも求人情報を閲覧できるので、大変便利です。

ただし、求人数は多いものの、閲覧できる情報量は限られています。

また応募するにはいちいち窓口職員を通さなければならないのも、面倒ですよね?

新聞は最古の求人情報誌ですね。

最近では新聞自体を購読している人が少なく穴かと思いきや、購読層は高めですから基本的に中高年に的を絞った求人が多いのが特徴。

新聞の求人を狙うなら、日曜日に織り込まれるフリーペーパーに的を絞って応募した方が効率的です。

地元中心の企業ですが、介護職向けの求人は多いので選び放題ではないでしょうか?

求人を探す手段はそれぞれ長所短所があるので、複数の手段を掛け合わせて転職活動をするのが効果的です。

この基本を忘れないで頑張ってください。
PR