30代って転職するには一番いい年代ですよね?

転職エージェントからは引っ張りだこで全部任せてしまえば楽ちんですが、全部丸投げで自分はまったく動こうこうとしない30代とたまに会うことがあります。

相当実力があって、いわゆる非公開求人に応募しても引く手あまたは30代であれば、キャリアコンサルタントに全部任せてしまうのも手です。

しかし、その他99%以上の転職者は受け身では何も解決しませんよ。

今の時代、転職エージェントを活用するのは当たり前ですが、同時に自ら積極的に情報収集して応募していく前向きさが必要です。

転職サイトには20代30代の求人があふれていますが、「どうせ条件が悪い」と見もしない30代がいるのですが、詳しくチェックしていると介護職のお仕事も混ざっていることに驚かされます。

また、転職サイトのスカウト機能を使えば、思いもしない企業からお声がかかることがありますが、「どうせブラック企業ばかり」と勝手に拒否している30代も多いですが、そういう姿勢では良い求人をキャッチすることは不可能です。

20代はともかく、中高年ともなれば情報収集は広く浅く行うのがポイントです。

最初から条件が悪い、ブラック企業ばかりと決めつけてないで、興味を持ってくれる企業がいれば話を聞いてみる姿勢は大切です。

とんとん拍子に面接に合格して内定をもらえれば、断るのはそれからでも遅くありません。

一度内定を貰えると自信も付きますよ?

不採用になるのが怖くて、応募を躊躇している30代がいますが一生のうち不採用を一度も受けない人間なんていません。

人間は失敗から多くを学ぶことができますから、不採用はむしろ好機と考えてはいかがでしょうか?

不採用になった原因ははかり知ることはできませんが、面接ノートや転職活動日記を付けて、どんどん自分をグレードアップしてみてはいかがでしょうか?

転職活動が上手くいかず転職サイトを眺めるだけでは、何も解決しません。

新しい人生を勝ち取りたいのであれば、ほんの少し勇気を出して行動してみませんか?

PR